2013年03月01日

春一番

春を感じる頃になると、思い出す言葉があります。

写真家、星野道夫さんの引用文を紹介します。

 『厳しい冬の中に、ある者は美しさを見る。暗さではなく、光を見ようとする。
  かすかな春への気配。それは希望と言ってもいい。
  きっと、同じ春が、すべての者に同じ喜びを与えることはないのだろう。
  なぜなら、喜びの大きさは、それぞれが越した冬にかかっているから。
  冬をしっかり越さない限り、春をしっかり感じることはできない。
  それは、幸福と不幸のあり方に似ている。』

大自然と動物、人々の暮らしを撮り続け、文章に記録した、千葉県市川市生まれの星野道夫さん。

生きていたら、お会いしたかった、尊敬する写真家・文章家、そして冒険家です。

彼の作品を網羅するにつれ、私の人生観が変わった気がします。

さてさて、今年は、どんな春を迎えるのでしょうか…。
KS

image399-thumbnail2.gif






posted by BISO at 16:45| Comment(0) | お店からの紹介・新しい取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。