2014年05月27日

色の濃い食品選びと低GI値ダイエット

康は維持した〜い、しさもキープした〜い、そしてせた〜い、
「そう〜♫()けん()び()茶〜カラオケ(&黒)!?」を目指しましょうグッド(上向き矢印)


「一物全体食(いちぶつぜんたいしょく)」
食材は、できるだけ自然界に近いまま素材そのものを食べて、
その食材が持つエネルギーを吸収する考え方があります。

無精製の茶黒の例は、
白米⇒玄米、白食パン⇒全粒粉パン、パスタ⇒十割そば
上白糖⇒黒糖
などです。

メリットは、
@必要な栄養素が失われない
AGI値が低い (GI値:糖質摂取後の血糖値の上昇率の数値)
  
白より茶黒な食材は、低GI値でダイエットに有効です。

なぜ???
甘いもの摂取後(高GI値食品、代表:チョコ)、血糖値(血中の糖の量)の急上昇で、
大量のインスリンが分泌される。
0806.jpg 高GI値甘い誘惑チョコレート


過剰インスリン分泌 ⇒ 血中の糖分を脂肪細胞にどんどん貯めこむ爆弾

そして…血糖値急上昇右斜め上は、急下降右斜め下するので
また糖分を欲し、イライラ感、不安感を引き起こす(中毒症状)がく〜(落胆した顔)

低GI値食材は、
血糖値上昇が緩やかで、インスリン量も少ない。
ブドウ糖がゆっくり吸収されるので、
理想的な代謝が行われるのです。


インスリンを過剰に分泌しないことが
瘦健美につながりますわーい(嬉しい顔)
KS


image399-thumbnail2.gif









posted by BISO at 14:37| Comment(0) | 当店が得意な施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。